大腸がんは早期発見が大切|転移する前に治療しよう

ウーマン

確実な治療の為に

腹痛

遺伝や食生活によって大腸がんを発症してしまうことがあります。早期発見ができれば改善することは可能です。症状を悪化させないためにも、病院に行くことが重要になります。

Read More

兆候とどこに頼るか

病院

大腸がんかどうかを調べるために、便に血が混じっていないかどうかをチェックしておきましょう。病院に行って検査するのであれば、大腸がんの検査がしたいことを伝えておく方が詳しく診てもらえますし、自宅の近く方が何かあった時に便利です。

Read More

特徴と人気の理由

カウンセリング

大腸がんは戦後とても患者数が増加しているのが大きな特徴です。その理由の一つとして、日本が抱える問題の一つである高齢化があります。人気の病院の理由としては治療法が優れている、患者への対応が丁寧であるということが挙げられます。

Read More

男女に急増しているがん

診察

早い段階で発見する

大腸がんは男性も女性にも急増しているがんです。特に女性では深刻な状態が続いており、便秘になりやすいところが影響していると考えられています。大腸がんは腸の中に腫瘍ができてしまうようになり、それが大きくなったり、転移することもあります。大腸がんは初期の段階で発見されれば、比較的治療も簡単で再発も起こりにくいのが特徴です。このためには、定期的な検査が有効的で、特に内視鏡による検査が負担も少なく発見率も高くなっています。大腸がんは欧米化の食生活や便秘が続くことで引き起こされてしまうので、昔と比べて増えてきました。身近に起こりえるがんとなっているので、定期的な検査は欠かせません。40代以降であれば、年に1回は受けておきたい検査です。

症状と治療方法

大腸がんの症状は、初期の段階ではほとんど気づかれないことが多いです。しかし、排便の時に異常が見られるようになり、血便や細い便が出るようになったらその疑いも高いです。腸の中に腫瘍があれば、便が通るときに出血したり、通りにくくなることから細くなってしまいます。このような症状が見られる頃には進行していることも多いので、すぐに病院で診てもらうようにします。大腸がんは肉食系の食事や便が長く腸に留まることで、がんが発生しやすくなります。初期の段階では内視鏡で切除していくこともできますが、進行してしまうと開腹手術で腫瘍を摘出していくことがほとんどです。また、再発や転移を防ぐために腸の一部分を切除していくことも多いです。こういった治療で大腸がんをなくしていき、再発や転移を防いでいきます。発見が遅れると治療自体が難しくなってしまうので、定期的な検査が健康を守っていってくれることになります。